So-net無料ブログ作成

吹奏楽部員ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと⑤ [吹奏楽部]

●座って演奏する


今回は「座る」ことについて考えてみましょう。


座ることは演奏中はもちろん


食事のとき、電車やバスに乗っているとき、授業中も…と、


おそらく一日中行っている動作です。


しかもほとんどの人は「立つ」ことよりも「座る」ことのほうが


長時間していることではないですか。


 


さて、、、日頃座るときに


なにか意識をしていること気つけていることはありますか?


演奏する時はどうでしょう。


普段とは違って


「さあ、これから演奏モード」


なんて、座り方を変えてはいませんか?


 


座り方には学校のパイプ椅子に座るのか、


お家のリビングでくつろいでソファに座るのか、


ティンパニやコントラバスのように高さのある椅子に座るのか。


床に座ることも・・・


いろんなシチュエーションが考えられます。


ここではまず授業中やコンサートホールなどに備え付けてある


標準的な椅子[いす]にどう座るのか


をチェックしてみることにしましょう。


 


カラダの一部である骨盤ってわかりますか?


胴部の下の方、お腹の一部でもあり


脚が繋がっているあたりです。


座るとその骨盤の一部である坐骨


ゴリゴリっと[いす]椅子の座面に接しています。


 


骨盤.jpg


[コピーライト]ナガイカヤノ


 


その部分が[いす]椅子に座る時のチェックポイントになります。


まず左右の坐骨に意識を向けて、


体重を感じてみたり、確認することから始めてみましょう。


 


「そんなゴリゴリって私にはないでーす」って思った人は


背中全体が丸まって猫背になってはいませんか?


もしそうなら、


両方の腕を天井の方向に高くあげ、そのあがり具合を確認してみましょう。


 


「あれれっ?


 腕は重たいし、真上にはあがりにくいし・・・」


 


こんな状態ではないでしょうか?


 


では、丸まった背中を伸ばして


お腹の一部分おへそを正面に向けてみましょう。


背中やお腹の角度が変わったら骨盤の角度も変化して


椅子に接しているお尻の感じ方も変わりますね。


そして、、、


さっきは感じなかったゴリゴリって骨「坐骨」が感じられるでしょう。


 


坐骨のチェックができたら +「立つ」のお話でマッピングした


足裏のチェック」も確認してみましょう。


 


坐骨足裏のチェック


座っている姿に変化がみえるはずです。


 


先ほど試してみたように両腕を高くあげ、


腕のあがり具合を確認してみてください。


さっきあがりにくかった腕は


スッと軽くお耳の横、


天井に向かってまっすぐにあがっていますね。


 


このように自分自身の変化を観察することを習慣化する


これは演奏するうえでとても大切なトレーニングです。


 


このように観察することを自分カメラ[カメラ]と呼んで


いつも第三者的な目線で


自分観察を実践している学生がいました。


 


本番での ・・・


に悩んでいた彼女は


自分カメラ目線で観察を続けることで


今の自分に必要な働きかけができるようになって


どのような状況でも


冷静に自分をコントロールできるようになりました。


 


いつも[カメラ]カメラが作動しているから


安心できますもんね。


 


●座ったら先ずはお尻のゴリゴリを確認


●ゴリゴリがみつかったら足裏チェック


○念のため、両腕をあげて上がり具合をチェック


 


これだけでも確かな手応えを感じることでしょう。


 


いっけんラクだと思い込んでいる


バランスが崩れた状態で長時間座っていると


腰への負担が大きくなって


腰痛に悩まされているケースもよくみかけます。


 


そんな時にはぜひ


[カメラ]自分カメラを起動して


「坐骨を感じること」足裏チェックをすること」


を試してみてください!


 


お尻や脚、


お腹や背中の筋肉がほどよく働きだし


骨盤の周りも整って


上半身と下半身の協調性が高まります。


すると演奏時の手や足、


お顔や口腔内のコントロールもしやすくなる。


 


全身は常に協調しあってチームで働います。


この「チーム全身」はあなた自身


部員たちのチームワークが乱れていると


演奏はうまくいかないですね。


 


今日から1日1回


座り方をチェックすることから始めて


「チーム全身」一丸となって演奏!


 


こんな何気ないことに意識を向けるだけで


練習時間はかなり短縮できるのです。


 


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント