So-net無料ブログ作成

吹奏楽部員ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと⑧ [吹奏楽部]

 


立ち方や座り方をチェックして、


少しだけ動きへのアプローチを変えただけでも、


演奏後の疲れは今までとは大違い!


バテずに過ごせているとは思います。


ですが、中には


疲れていることに気づいていない人もいるでしょう。


 


よくある疲れの一つに「肩こり」があげられます。


この原因は様々ですが、小中学生が肩こりで


マッサージや整体に通っているといったケースも


よく耳にします。


これはいわゆる コドモロコモ” 予備軍


と言っていいでしょう。


 


コドモロコモ???


 


ロコモティブシンドロームって聞いたことありませんか?


動かないことで運動機能が低下している状態のことです。


子どもたちがそのロコモティブシンドロームの状態であることを


コドモロコモと呼ぶんだそうです。


 


現代の子どもたちの生活習慣や遊び方は


目まぐるしく変化していて


カラダを動かす機会が減ったことで


立つことや歩くことに支障がでてきているそうです。


 


確かに講習会や部活動の指導で訪れた学校でも


「肩こり」「腰痛」「頭痛」などの改善について


質問を受けることが年々増える傾向にあり、


とても気になっています。


 


皆さんはどうです?


立つこと歩くことが苦痛に感じてはいませんか?


肩こり腰痛は感じてませんか?


 


もし何らかの苦痛を感じているなら


これまでにお話した


◯声のこと 


◯立ち方や座り方 


◯お尻のゴリゴリ 


◯足裏


◯腕のあがり具合 


などをチェックすることで、


今まで作動していなかった身体の組織が反応しだしてくれて


少しはましになるはずです。


 


それでも疲れが取れない場合は


●適度な練習時間(多くても4時間位)


●睡眠時間は78時間


●食事内容や摂取する時間を見直す


●トレーニングに有酸素運動(歩く/走る/泳ぐなど20分程度)を取り入れる


●簡単ワークでボディ・マップの再確認


 


これらのことに気をつけましょう!


 


今回は、肩こり首の疲労に最適な


以下の簡単ワークを試してみてください。


 


1.両腕は身体のサイドにぶらんと下げる


2.ゆっくりのテンポでおこなう


  (メトロノームを使うならTempo=60、1つの動きは4〜8カウント)


3.立つ/座る → どちらでもOK


4.自分カメラ目線で、カラダのどこが、どんなふうに


  動いているのかに注目すること。


 


肩ワーク.png


 


肩や腕を上下、前後に動かすだけの簡単なワークですが、


練習前、練習の合間、練習後など、


思い出した時に行なってみてくださいね。


 


吹奏楽人口はどんどん増え続けています。


初めて楽器を手にしたときから自分自身で


演奏するためのカラダの調整習慣にすることは、


ケガや故障の予防にもなります。


 


演奏って楽しい!


音楽っていいな!


吹奏楽ってサイコー!


 


と、心から感動できる一つの要因になることでしょう[ぴかぴか(新しい)]


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント